●「生活習慣美容」を実践しよう。肌をキレイにするのは「化粧品」と「脳」です。まずは「脳疲労」を解消しよう。 
●「お肌に合う、合わない」はなぜ起こるの?一挙に解決!まずはサンプルでお試しされることをオススメします。


【 小さな「」から大きな「」へ。

  「びう(病)」の「(余裕)」を育て大きくして「美容(びう)」へ。
  バランスケアでここちよい日々をプロデュース!美しさ」と「すこやかさ」の土壌づくりを!

  お肌、お好み、ご予算に合わせて、ピッタリの化粧品やケア方法を一緒に考えます。
 
  あらゆる側面からスキンケア効果を高める方法を伝授します!

  処方にこだわりを持つ大手化粧品スペシャル・ブランドを数多く品揃えしています!

トップページへ。

 
当店の、めざすもの
私たちの「こだわり」
 ・化粧品の良し悪し
 ・お肌に合う・合わない
 ・肌個性を知ること

 ・共にキレイを育てる

メルマガ登録・解除

スタッフ紹介
お知らせ・その他
当店へのお問い合わせ
いちおしの化粧品紹介
ひまわり流・肌測定
実店舗の所在地

サロン&イベント報告

有料サービス・エステ他
併設している美顔教室
内面美容もお忘れなく 美肌サプリメントなら、当グループの美肌サプリ販売サイトへ

(C) 2004-05コスメランドひまわり all rights reserved.
全記事内容無断転載厳禁



 お薦めのスキンケア本は何?< 2010年12月6日 >
 文責 上村晃一郎

最近、ますますTVや雑誌で、いろんな美容情報が飛び交っています。
いったい何が正しいの?と迷われる方が増えています。

そんなおり、「スキンケアについて書かれた本でお薦めはありませんか?」と聞かれました。今日は、それをテーマに書きます。
 

ボクのお薦めは尊敬する美容仲間、岡部美代治さんの「美肌手帖」です。
                    
この本は、かなり客観的に書かれてあり名著です。
内容の98%近く、ボクも同意見。

ただし、もう10年以上前に書かれた本なので、
古本屋やネットでないと手に入りにくくなっているのが、残念です。

←今なら、こちらで、まだ手に入るかもしれません。(古本ですが。)


 

現在、よく売れている本なら、 同じく美容仲間の医師、
岩本麻奈さんの「女性誌にはゼッタイ書けないコスメの常識」です。

内容の95%近く、同意見です。

岩本さんは皮膚科医でありながら、
化粧品の専門家でもあると思います。

お医者さんは治療や病気の肌を診る専門家ですが、
化粧品開発や化粧品処方には詳しくない方も
おられるのですが、彼女は違います。

どちらもプロという方は、ホントにスゴイです(^^)。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お薦めではないのですが、
読み方に注意して頂きたい本として、
「正しいスキンケア事典」があります。

この本は、せっかく信頼している岡部さんも関わっているのに、

残念ながら、スキンケアに詳しくない方が読んだ場合、
誤解しそうな箇所があるため、それが気になるからです。

この本の構成は、3人の著者が、それぞれの専門分野を担当し、
後で、つなぎ合わせたらしいのですが、そのためでしょうか。

ともかく、誤解をされるような表現がいくつかあるのが気になったので
私の主催する「カウンセリング・化粧品目利きの会」にて、
そのことで岡部さんと目利きメンバーの皆でディスカッションしました。

その結果、誤解を与えないように補足したほうが良い箇所を、
岡部さんのホームページで取り上げて頂くことに。

ご興味のある方は、ご覧下さい。

   岡部さんの「ビューティサイエンスの庭」 

  http://www.kt.rim.or.jp/~miyoharu/index.html 


   美容の話の中の下記の部分に「補足情報」があります。

   話題 226、「共著書の正しい読み方(その1)」 (2010年 8月24日)

   話題 226、「共著書の正しい読み方(その2)」 (2010年 9月14日)

   話題 227、「共著書の正しい読み方(その3)」 (2010年 9月28日)

   話題 229、「共著書の正しい読み方(その4)」 (2010年 10月12日) など。

_________________________________________



 化粧品はレシピ(処方)が命 < 2010年12月7日 >
 文責 上村晃一郎

化粧品は、○○が入っているから良いとか悪いとか決めつけることはできません。
成分単体で特性をとらえようとすると、間違った判断になります。

このことは、先日、話題にした岡部美代治さんも同意見です。
 
化粧品処方は、化粧品開発のプロでないと理解しずらい点です。
ボク自身も、まだまだ分からない点が多いです。

そこで、細かい話をするよりも「処方が良いとはどういうことか」について、
例え話をすると理解しやすくなると思いますので、今回は、そのことを書いてみます。


「おまんじゅう」を、よりおいしく仕上げる時に、
隠し味で「塩」を入れることがあるのを、ご存じでしょうか?
 
おまんじゅうを作っている方によると、塩を入れることで、
より甘みが引き立ち「おいしさ」に深みがでるそうです。

でも、おまんじゅうづくりに詳しくないと、 「塩」が入っていると聞くと
「辛いおまんじゅうなのか?」とカン違いしそうです。

確かに、「塩」の加減を間違えると、からくてまずいものになるようですが、
絶妙な「さじ加減」をすれば、そうなならず、むしろ甘みを引き立てるのです。

これと化粧品処方は似ているように思います(^^)。


素晴らしい処方のコスメは安全で、効果的で、心地よいのです。

成分単体で、化粧品の良し悪しを判断しないようにしましょう。



* さじ加減は、化粧品の「使い方」にも言えます。

せっかく「安全で、効果的で、心地よく作られた化粧品も、
使い方次第で、だいなしになります。
   
例えば、ファンデーションが肌に悪いと思い込み、メイク落としでゴシゴシこすってしまい、
その物理的刺激で肌トラブルが出てしまうケースがあります。

もちろん、処方に優れたファンデーションが肌に悪いということはありません。
もし、肌に悪ければ、一日中、つけていたら肌トラブルにつながるはずですが、
そのようなことはありません。

ちなみに、ファンデを寝る前に落とす理由は、ファンデそのものが肌に悪いというよりも、

一日を過ごしたファンデ(メイク料)は、空気中のチリ・ホコリ・排気ガス・タバコの煙や自分の皮脂などを吸着し混ざり合った状態のため、そのまま放置すると、雑菌が繁殖したり、皮脂が酸化したりして、肌に刺激となるからです。



 ビューティーパートナー ひまわりスタッフは・・・

 ★ 自分の肌と同じように、あなたの肌を大切に考え、一緒にキレイをめざします。

 ★ メーカーやブランドの垣根を越えて化粧品選びをします。

 ★ スキンケア効果を高める化粧品の選び方・使い方のコツをお教えします。

 ★ お肌には、人それぞれに個性があります。肌個性に合わせアドバイスをします。

 ★ 肌質だけでなく、いろんな側面からトータルに、お肌状態を把握します。
   (ご希望者にはトータル肌測定データを差し上げます。)


★ ビューティーパートナーひまわり からのご案内 ★

熱いメッセージをお待ちしています!皆様からの熱いメッセージが、私たち「ひまわりスタッフ」の元気の素です(^^)。
とぉ〜っても励みになっております!ありがとうございます(^^)。感謝です!!!
ひまわり関連のサイトを紹介

コスメ・シーオー・ジェーピー
www.cosme.co.jp

・美肌サプリ販売サイトです。
・スキンケア知識も合わせてお伝えしてます。

当グループ運営サイトです。
私、上村晃一郎がwebマスターをしています。

カウンセリング化粧品目利きの会
www.cosme.co.jp/mekiki

私、上村晃一郎が主幹している会です。
化粧品メーカーやブランドの垣根を越えて、お客様の視点に立つ、より良いカウンセリングを研究したいと思い、創りました。専門店、美容のプロのための会です。

アットコスメ
日本最大の化粧品クチコミサイトです。

お店マップコーナーで、
当店を紹介して頂いています。


●webマスター(運営統括責任者)●


〒518-0725 三重県名張市元町376 ショッピングセンター・リバーナ1階内


<コスメランドひまわり(ジャスコ新名張店) ホームページ運営統括責任者 上村晃一郎 >

TEL: 0595-63-5146
お問い合わせ先:himawari@cosme.co.jp

(c) 2004 コスメランドひまわり all rights reserved.